2017年 07月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
2017年 08月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

グッズ








原稿不備を相談解決!ぷりせん職員室

風神「ナオエセット」 雷神「まさむねセット」




 

同人誌の印刷をお考えなら

同人誌を制作するにあたって、以前はアナログ原稿で作成する方が大多数でした。
しかし、近年ではデジタル原稿で作成する方も増えています。これから同人誌を制作しようという方の中には、アナログ原稿かデジタル原稿か、どちらで作成しようかお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

アナログ原稿とデジタル原稿には、それぞれに違うメリットがあります。
アナログ原稿の場合は、デジタル原稿のようにパソコンや専用のソフト、ペンタブなどの高価なものを準備する必要はありません。原稿用紙とペン、インク、トーンなどの道具を最低限準備すれば、すぐに描き始める事ができるのです。
また、原稿用紙に直接描きこんでいく形になりますので、直感的に描き進める事ができます。また、デジタル原稿に比較して、作り手の個性や持ち味が表れやすいといった点も魅力です。

一方、デジタル原稿の場合には、最初こそはパソコンや専用のソフトなどを準備する必要がありますが、インクやペン先、トーンなどの消耗していく画材を使用しないため、長い期間で考えると費用が安くなる事もあるというのが特徴です。
また、ペン入れで間違ってしまった時にアナログ原稿ではやり直すという事が難しいのに対し、デジタル原稿では何度でもやり直しが可能です。その他にも、デジタル原稿はインクなどで手が汚れたり、トーンやペン先などの色々な画材で部屋がゴチャゴチャになってしまったりという事もありません。

このように、アナログ原稿とデジタル原稿のメリットには違いがあり、どちらが向いているかは人それぞれ異なりますので、お悩みの方はぷりんと戦国学園「ぷりせん」にご相談下さい。
弊社では、同人誌の制作を行なっております。原稿作りから印刷まで、創業60年以上の印刷所ならではの品質やこだわりを持ってトータルサポートいたします。印刷カラーや表紙印刷、少部数からの印刷も承っております。同人誌印刷をお考えの方で、印刷に関して何か分からない点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。